貧血はサプリメントで防ぐ|不足がちな鉄分

走る人

老廃物やホルモンバランス

妊婦の女性

通常とは異なった状態です

妊娠中とは、女性が胎内に胎児を宿した状態です。妊娠期間はおよそ10ヶ月ほどで、その間の女性の状態を妊婦と呼びます。妊婦はその間、ホルモンのバランスが崩れることがあります。胎内に赤ちゃんがいることで、女性の身体はその状態や、いずれ起こる出産に向けて変化します。この時は、ホルモンのバランスが妊娠をしていない状態とは違うということが重要です。初期の妊婦に起こりやすいトラブルとしては悪阻が挙げられます。大きく胎児や胎内が変化する初期の妊婦は吐き気や眠気、便秘などが起こりやすい状態となります。妊娠6ヶ月を超える安定期には状態が安定するケースが多くみられます。

生活改善や相談が有効です

しかし、妊娠していない状態と違うことで通常と違う変化が起こり続けることもあります。吐き気が強すぎたり、便のトラブルなど症状が強い場合は検診時などに医師への相談がおすすめです。便秘などは出産まで多くあるトラブルの一つです。ホルモンバランスが崩れる事や腹部の膨張による胃腸への負担、運動が不足しやすいなどが原因である事が多いです。しかし安定期や状況によっては、過度な運動は負担になる場合があります。食物繊維を多く含む食品を摂ることや適宜な量の水分の摂取など自然な形での便秘解消が最も身体に負担がかからないといえます。野菜や海藻などはカロリーを抑える事も出来る上、食物繊維が豊富なので便秘の方には最適です。また食事で摂りきれない分は、健康補助食品で補うことも可能です。サプリメントやドリンクタイプのものであれば価格も安いものが多く、手軽で続けやすくなっています。